よつ葉便り

8月行事のご様子

さかき光陽 平成30年8月

「ふるさと紀行」

8月行事のご様子

毎月発行している広報誌『よつ葉便り』では「ふるさと紀行」と題して、これまでの想い出などを、ご紹介させて頂くコーナーがありますので、今回は掲載させていただきます。

~私の回顧録~

デイケアご利用者様 小寺 美智代様

昭和5年、私は香港で生まれました。当時はまだイギリスの植民地でした。昭和12年、香港の日本人学校に入学したものの日中戦争が勃発し、ひとまず日本へ引き上げましたが、昭和13年に再び中国広州市広東に渡り、日本人学校へ転校しました。その時、一緒だったのが長谷川さんです。やせ型で背が高く、可愛い声の長谷川さんとは5年生まで同じ教室で学び、彼女は女学校受験の為、台湾へ向かわれました。港を離れる時、大勢の同級生が大泣きしながら船の後を追いかけた事を今も鮮明に覚えています。その後私は、広東日本人高等学校に入学し、少女時代を過ごしましたが、大東亜戦争が始まり、終戦を迎え、着のみ着のままリュックを背負って昭和21年に再び日本へ戻ってきました。皆が貧しかった時代から少しずつ復興するも、次第にバブルを迎え、経済が冷えこむ時代を迎えても、広東の友との交流は途絶える事なく生きてまいりました。
今日は敗戦記念日です。米寿を迎えました私は、さかきさんのデイケアでお世話になって感謝の日々です。またこうして長谷川さんと再会でき、共にリハビリに励めることも嬉しく思います。病気に負けない我心と自然体な心で一日一日を過ごしたいと思っております。
戦争は決してあってはなりません。平和な世界と若い人たちの幸せを願っております。

ふなばし光陽 平成30年8月

「夏祭り」

8月行事のご様子

8月行事のご様子

 8月8日(水)に夏祭りを行いました。今年のテーマは「屋台を楽しもう!」です。
フロアーには、たくさんのちょうちんなどの飾り付けを行い、手作りの屋台も登場し、皆様には赤や青の法被を着て頂きました。
祭り囃子の音と甘いソースの匂いでフロアーがいっぱいになり「いらしゃい!いらっしゃい!」と屋台から職員の威勢の良い叫び声が聞こえ、焼きそばがジュージューと鈴カステラはまん丸に焼かれていました。皆様からも「美味しい!美味しい!楽しいね~」と好評でした。お腹がいっぱいになったところで、炭鉱節やソーラン節を歌い、盆踊りを楽しんで頂き、夏祭りを存分に満喫して頂きました。
9月は敬老会です。ご家族の皆さまとご長寿をお祝いさせて頂きたく、どうぞよろしくお願い致します。