よつ葉食堂からお食事のご紹介

よつ葉会ではこちらのページを『よつ葉食堂』と名付け、さかき光陽・ふなばし光陽のお食事をご紹介させて頂きます。「ご利用者様が笑顔になれる、家庭的な温かみのある食事」をテーマに、家庭的なお食事の他、四季折々の季節感を感じられるお食事や長寿をお祝いするお誕生日食等の行事食を提供させて頂いております。ぜひご覧下さい。

平成29年5月の食事

さかき光陽

『グリンピースご飯・カレイの煮つけ・厚焼き卵・わけぎのぬた・そば入りすまし汁・ピーチゼリー』

グリンピースご飯・カレイの煮つけ・厚焼き卵・わけぎのぬた・そば入りすまし汁・ピーチゼリー

主食のグリンピースご飯はグリンピースと一緒に炊き込むと独特の香りを楽しめますが、一度下茹でしておくと青臭い香りが飛ぶので、グリンピースが苦手な方にも召し上がっていただけるようにしてあります。
主菜にはお魚・副菜には卵・副々菜には野菜や海藻類も取り入れ、視覚からもバランスのとれた食事が見てとれるようにして 在宅に戻られた時の参考になるように食材を組み合わせています。

ふなばし光陽

『ご飯、サバの味噌煮、茶碗蒸し、わかめと胡瓜の和え物、ヤクルト、みそ汁』

ご飯、サバの味噌煮、茶碗蒸し、わかめと胡瓜の和え物、ヤクルト、みそ汁

当施設ではソフト食を導入しています。圧力鍋や介護食用の食材を使用することで、見た目は普通の食事と変わりませんが、歯茎や舌でつぶすことができる柔らかさで、かつ細かく刻まないので、見た目にも食欲を損なうことなく召し上がれます。
例えば、ご利用者様に人気がある料理のひとつの茶碗蒸しですが、具材の海老に関しては圧力鍋を使用するなど具材によって調理方法を変えて、歯茎だけで噛めるように柔らかく仕上げています。

鯉の和菓子

おやつには鯉の和菓子をご用意致しました!青の真鯉・赤の緋鯉から好きな鯉を選んで頂きました。
通所利用者様方は「鯉の和菓子ってなんだろう」「きっとまんじゅうに鯉の焼印がしてあるのでは?」等・・・どんなおやつが出てくるのか話が盛り上がっていました。「思っていたよりかわいい!」「どっちの鯉も可愛くて悩むわ」と大変喜んで頂くことができました。