よつ葉食堂からお食事のご紹介

よつ葉会ではこちらのページを『よつ葉食堂』と名付け、さかき光陽・ふなばし光陽のお食事をご紹介させて頂きます。「ご利用者様が笑顔になれる、家庭的な温かみのある食事」をテーマに、家庭的なお食事の他、四季折々の季節感を感じられるお食事や長寿をお祝いするお誕生日食等の行事食を提供させて頂いております。ぜひご覧下さい。

平成29年6月の食事

さかき光陽

『冷やしごまだれうどん、中華風卵焼き、かぶの浅漬け、黄桃缶』

だんだん蒸し暑い日が多くなってきましたね。
夏は冷たい飲み物やさっぱりとした麺類を好む方もいるので、冷たいおうどんにしました。
夏に食べやすく好まれるうどんは消化は良いですがうどんだけでは身体に必要な栄養が偏ります。たんぱく質(卵など)やビタミンB群(今回は豚ひき肉の肉味噌)を一緒にトッピングすることで、効率よく エネルギーに変換されるようになります。
暑い夏をのりきれるよう食材の組み合わせにも気をつけて、夏バテしないような身体作りを心がけて食事を作っていきたいと思います。

ふなばし光陽

『焼き鳥丼、トマトとアスパラのサラダ、みそ汁、オレンジ』

人気メニューのひとつである『焼き鳥丼』を提供致しました!
入所者様には噛み切るのが難しい方でも美味しく召し上がれるようにお肉が柔らかくなる調味液に漬けてから焼いています。
通所利用者様は、あらかじめ調理した焼き鳥串(モモ肉、つくね)を皆様の目の前で温めてから提供致しました。フロア中が焼き鳥の香りに包まれ、味と匂いを楽しめると好評でした。
ふなばし光陽ではホットケーキや梅ジュース作り、チョコファウンテンなど・・・味覚以外の五感で食事を楽しめるよう利用者様の前で焼いたりして利用者様が楽しめる演出の工夫をしております。
今回ご紹介した焼き鳥丼は特に好評を頂いております。