医療法人社団よつ葉会

医療法人社団よつ葉会

よつ葉便り

リハビリのご様子2019年5月

ふなばし光陽のリハビリテーション科をご紹介ふなばし光陽

私たちリハビリスタッフは理学療法士2名、作業療法士1名、言語聴覚士1名の4名で、入所・通所のリハビリを行っております。
基本的には個別リハビリが中心ですが、時には集団リハビリや作業活動を行い、ご利用者の状態に合わせたリハビリを提供しています。ところで、リハビリという言葉を最近よく耳にするようになりましたが、その意味をご存知でしょうか?リハビリはre(再び、戻す)、habilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。単なる機能回復だけではなく、人間らしく生きる権利の回復や自分らしく生きることが含まれます。
私たちリハビリスタッフは、機能回復を促進するだけではなく、ご利用者が残された機能を最大限に発揮し、その人らしく生活できるように支援していきます。それには専門職として知識や技術の向上を図り、チームケアの一員として他職種と協力し、よりよいリハビリが提供できるよう努めたいと思います。

行事のご様子2019年5月

リハビリ体操さかき光陽

さかき光陽のリハビリテーション科では、4月より入所者様の方を対象とした「リハビリ体操」を始めました。
個人で行う体操ももちろん良いですが、集団で行う体操のメリットは日常生活動作における準備運動になることやまた皆様で行うことで、これまでは控えめに体操していた方も大勢であれば皆と一緒に頑張れるという相乗効果も期待しております。
ふなばし光陽では既に介護職によるアプローチが毎日行われておりますので、さかき光陽でもリハビリ体操が根付くよう、まずはコンスタントに開催していきたいと思います。

外気浴ふなばし光陽

寒さが和らぎ、暖かい日差しに包み込まれた4月の昼下がり、ふなばし光陽で一番大きな桜を眺め、身体がポカポカに温まりました。
また太陽に負けないくらい皆さんの笑顔が温かく素敵でした。
今後も体を動かしたり、季節を感じられるような機会を増やしていきたいと思います。

よつ葉食堂2019年5月

こどもの日メニューさかき光陽

今月はこどもの日にオムライスをご用意しました。ケチャップライスのお肉は鶏ひき肉を使用し、野菜と大きさが均一になるようにして食べやすくしています。オムライスはご利用者様に人気のメニューのひとつです。献立は和食を中心に、洋食と中華も取り入れ、毎日のお食事を楽しんでもらえるようにしています。
来月も皆様に喜んでいただけるお食事をご用意出来るように努めて参ります。暑い日が続いておりますので、水分補給をして体調を崩さないようにお気を付けください。

即位の日ふなばし光陽

皇太子さまが令和元年5月1日に新天皇に即位されました。
記念のお祝いとして、江戸前天ぷらや日の丸風ミルクゼリーなど、日本をイメージしたメニューを提供しました。
ご利用者様からは、「豪華だね」「日の丸ゼリー良いね」「美味しいよ」と喜ばれる声を沢山聞くことが出来ました。
令和も栄養バランスを考えた食事を皆様に提供出来るようにしていきますので、今後とも宜しくお願い致します。