医療法人社団よつ葉会

医療法人社団よつ葉会

よつ葉便り

リハビリのご様子2019年10月

移動・移乗についての内部研修実施さかき光陽

さかき光陽では、職員のスキルの向上を目指しテーマごとに定期的に内部研修を実施しております。今回は理学療法士による「移乗・移動」の研修を行いましたのでご報告いたします。この研修では、移乗・移動における基礎技術の確認すること、移乗される時の利用者さんの気持ちを実演しながら感じてもらうことで、日頃の介護を見直していただくことを主眼といたしました。少しでも利用者様に還元できれば幸いに思います。今後もより良い介護を行っていけるよう、多職種連携して研修を行っていきたいと思います。

基本的な移乗(トランスファー)技術の実演。トランスファーは、介助される方の身体状況(拘縮があるかなど)によって、方法は様々で、まずは、基本的な方法の応用となります。そのため、基本的な方法をしっかり押さえておくことは大切になります。

日頃の仕事の中で難しいと感じているケースについては、想定される利用者さんの状況を聞きながら対応を検討しました。

最後に、いくつかのグループに分かれて演習し、お互いに感想や意見を伝えてもらいました。介護されるという通常とは反対の立場に立つことで新たな発見もあり、様々な意見を聞くことが出来ました。

よつ葉食堂2019年10月

ハロウィンメニュー🎃さかき光陽

🎃10月31日ハロウィンの日の昼食はハヤシライスにして、ご飯はサフランライスバージョンに仕上げました。またおやつにはオバケホイップをのせたかぼちゃプリンをご提供しました。ご利用者様から「ご飯に色が付いていているのね♪色がキレイでとても美味しいよ。」とのお声を頂きました。毎日のお食事だからこそ、食事を楽しんで頂けるように視覚的にも楽しく、美味しいお食事を届けていきます。急に寒くなり、体調を崩しやすい時期ですので、うがい、手洗いと食事から栄養を摂って風邪に負けない身体づくりをしましょう!

ラーメンふなばし光陽

今年度実施した嗜好調査において、好きな食べ物や食べたい物で人気があったラーメンを提供いたしました!
シンプルな昔ながらの醤油ラーメンに仕上げました。多くの皆さまから、美味しいと召し上がって頂きました。
『麺をすする』という動作は口周りの筋肉が衰えるとうまくすすることが出来ず、食べることが難しくなります。
麺を美味しく食べられるように、スプーンにのる長さ(3cmほど)に調整するなど工夫をしております。また、スープに薄くとろみをつけており食べやすさを考慮しております。
9月のリハビリページにもありましたが、筋力が落ちてしまうとフレイルやサルコペニアとなるため、口周りの筋力も落ちる可能性があります。美味しいものをたくさん食べられるようにお口周りの筋力維持として口腔体操をしっかり行っていきましょう!!