医療法人社団よつ葉会

医療法人社団よつ葉会

閉じる

よつ葉便り

さかき光陽フルーツポンチ作り

3月は各フロアーにて「行事レク委員会主催」で「フルーツポンチ作り」が開催されました。
今回は、「生活リハビリ」を兼ね、基本自分で盛れる方はサポートなしで自由に行ってもらい、サポートが必要な方でも最低限の見守りとサポートを心掛け、最後にそそぐジュースは職員での対応で行いました。
具材やジュースはお好きなものを自由に組み合わせて行えたため、出来上がりは意外にも個性が出ていました。今後とも行事やレクを行う際には「出来ることは自分で行う」という方針のもと、参加するだけではなく、活動性の向上も図っていきたいと思います。

今回の行事で用意された具材です

自分で盛れる方はサポートなしで盛り付け

一部介助も最低限のサポートで!

味付けのジュースは職員が注ぎました

さかき光陽通所リハビリ:「春が来た‼」

新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今、世間では終わりの見えない日々が続き意気消沈しているかと思います。
そこで今回は、「コロナに負けない!」「桜のパワーで春を乗り切ろう!」をテーマに、利用者さまの歩行訓練を兼ね、天気の良い日に「桜」を見に行きました。桜を見た瞬間の目の輝きは、日頃の疲れを吹き飛ばすくらい素敵な笑顔でした。職員もマスク不足には負けません!「手作りマスク」をたくさん作りコロナとの長い戦いに備えています。
私どもの通所リハビリでは、利用者さまが目標に向かって取り組む事を支援し、健康の増進に繋げられるよう応援致します!施設の見学も随時行っておりますので、興味がありましたらお気軽にご連絡ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

桜の下でこの目の輝き!素敵な笑顔

手作りマスク装着で「コロナに負けないぞ!」

マスク不足にも負けません!!

さかき光陽内部研修会報告:「水分のトロミについて」

3月の内部研修は管理栄養士が主催し、「水分にトロミをつける」ための勉強会を行いました。
人間は加齢に伴い水分を飲む際にしばしばムセこむことがありますが、そのような場合にはトロミ調整食品(トロミ剤)を用いて水分にトロミをつけて対応します。
今回の勉強会では、使用しているメーカーの担当者をお招きし、トロミ剤の「かき混ぜ方」や「計量方法」などの適切な使用方法についての実習と、施設の言語聴覚士(ST)による「高齢者はなぜムセやすいのか?」というテーマの基礎講座の2本立てで行いました。
「トロミを付ける理由を知った上でトロミ剤を適切に使う」ということが、水分が飲みにくい利用者さまの助けにもなりますので、すぐに現場で活用できる勉強会となりました。

メーカーさん(左)をお招きしました

量の配分やかき混ぜ方の実習

施設STによる基礎講座

ふなばし光陽春分の日 牡丹餅

おやつの時間に手作りの牡丹餅を作成して提供させていただきました。
牡丹餅はお彼岸に食べますが春に咲く牡丹にちなんで丸く作るそうです。
中のお餅はもち米を使用してしまうと噛む力や飲み込む力が弱い方はつっかえてしまう原因にもなります。
もち米ではなく柔らかく炊いた白米に少量のゼラチンを加えて、もっちり感と歯切れの良さが出来るお餅風ご飯を丸めました。
今年は職員さんにも召し上がっていただき、一緒に楽しみました♪
今度は利用者様と一緒に手作り出来たらいいなと考えています。

お問い合わせ

入所やご利用にあたって、実際にご覧いただかないとわからないこともございます。
ぜひ一度ご見学ください!

介護老人保健施設 さかき光陽

電話 04-7174-702804-7174-7028

お問い合わせフォーム

介護老人保健施設 ふなばし光陽

電話 047-456-2661047-456-2661

お問い合わせフォーム

求人のご応募はこちら

医療法人社団よつ葉会

電話 04-7175-226204-7175-2262

お問い合わせフォーム