医療法人社団よつ葉会

医療法人社団よつ葉会

閉じる

よつ葉便り

さかき光陽「生活リハビリ委員会」を立ち上げました!

さかき光陽では、これまで「行事レクリエーション委員会」として毎月の行事、季節のイベントを企画しておりましたが、これらの活動は、「職員が与える催事」というスタンスのものでした。10月からは行事そのものを「生活の中でのリハビリ」として位置づけ、「利用者さまとともに作り上げるもの」に改めるべく、このたび「生活リハビリ委員会」と改称して活動を一新いたします。
また、毎年夏に行われていた「納涼祭」につきましては、本年は「地域貢献活動」を加味した内容で企画を進めておりましたが、新型コロナの「第2波」と思われる夏場の感染拡大の影響により、残念ながら「中止」となってしまいました。その分、9月の「長寿を祝う会」は例年よりも内容を盛り込み、今回は「セレクトドリンク」や「和菓子バイキング」も楽しめました。
今後ともさかき光陽では、「生活リハビリ」の充実を目指していきたいと思います。

  • 自分で好きな和菓子を選びました

  • ペースト食にもきれいな「寿」の文字が!

さかき光陽栄養科:イオンサポートゼリーについて

ご利用者様の中にはお茶を好まれない方やトイレに行く回数が増えることを理由に飲水を嫌がる方、嚥下機能の低下から水分にトロミを付けることが必要ですがトロミが苦手で水分摂取が進まない方もいらっしゃいます。そういった利用者様でもご本人様が進んで摂取できるように水分補給を目的としたイオンゼリーを導入しました。ほど良い甘みでさっぱりとしたゼリーのため、なかなか水分補給が進まなかった利用者様もペロっとコップ1杯分のイオンゼリーを摂れるようになり水分摂取量の改善が見られています。
また、水分補給の目的以外にも咽頭残留を防ぐ目的でも提供を行っています。嚥下の弱い方は咽頭残留といって喉に食事が残ってしまい誤嚥に繋がることがあります。ベタツキがなく、体温でも溶けないため、咽頭残留を流す目的でもゼリーの活用を行い、経口からの食事摂取の維持に繋げています。ご高齢の方は口喝を感じにくく、小まめな水分補給が必要です。
今後も多職種で連携を取りながらご利用者様お一人おひとりに合ったケアを行っていきます。

ふなばし光陽ふなばし光陽での生活リハビリ

ふなばし光陽では「老健の役割」である利用者様の在宅復帰を一番に考えており、普段の生活がリハビリになるという意識を持って業務に取り組んでおります。
今回、例に挙げさせていただいたく利用者様は在宅復帰を目前に控えている方です。施設内では基本的に車椅子で過ごされております。しかし、在宅復帰後、自宅内は歩行器での生活になるので、安定して行えるかが課題になります。その為、食堂に来られた際は車椅子ではなく、自宅での生活環境に近くなるよう普通の椅子に座ってもらいます。そして、食堂から移動する際(トイレに行く等)は介護職員が付き添い、歩行にて移動します。
このように、自宅に近い生活環境を整え、実際に家に帰った際は不安なく過ごせるよう、多職種で連携しながら生活リハビリを実施しています。

ふなばし光陽ビデオ面会が見やすくなりました!

感染予防対策ビデオ面会がタブレットとパソコンを利用し大きな画面でご利用いただけるようになりました。短時間ですが、よく顔も見えて話もできて安心しましたとの感想も・・ 引き続き、面会は事前のご予約をお願い致しております。
日頃より、感染予防対策へのご理解本当にありがとうございます。

お問い合わせ

入所やご利用にあたって、実際にご覧いただかないとわからないこともございます。
ぜひ一度ご見学ください!

介護老人保健施設 さかき光陽

電話 04-7174-702804-7174-7028

お問い合わせフォーム

介護老人保健施設 ふなばし光陽

電話 047-456-2661047-456-2661

お問い合わせフォーム

求人のご応募はこちら

医療法人社団よつ葉会

電話 04-7175-226204-7175-2262

お問い合わせフォーム